プチ断食ダイエットには酵素ドリンクをお供に

ダイエットの方法には様々なものがありますが、もっともやってはいけないのは何も食べないという方法です。

対策無しに長期間の断食を行えば、それは痩せるどころか命の危険もあります。
しかし、逆に言えば対策を立てて短期間の断食、いわゆるプチ断食というものならどうでしょうか。

同じ断食ですから体に害があるのでしょうか。
結論から言えば、短期間の断食というのは健康や美容に良い効果が期待出来ます。

しかし対策を立てなければ問題が起こるのは当然ですので、ではどのような対策を立てれば良いのでしょうか。

通常、プチ断食ダイエットを行う際には、酵素ドリンクといった物を利用します。

これは身体を維持する最低限の栄養素を詰め込んだドリンクで、これを用いることで体に栄養補給をしながら断食をして、胃腸を休めることが出来るのです。
固形物を食べると胃腸は消化する方にエネルギーを用いますが、ドリンクの形ならば消化に使うエネルギーは最低限になります。

それ以外を脂肪燃焼や皮膚の再生といった新陳代謝の方に使うようになって、ダイエットになるのです。

大事大事といわれる酵素ですが、身体の中で常に働いているものなので、具体的にどういった面で大事なのか、ということはわかりづらいかもしれません。そこでここでは、酵素が足りなくなるとどのような症状が起きるのか、ということを、代表的な例をとりあげてまとめてみました。こんな症状が起きたら酵素が不足している可能性有り該当するものがあったら、酵素補給を心がけてみてください。
参考:酵素液の効果と使い方などを紹介-酵素ドリンク口コミランキング

長期間続ければ栄養が足りなくなるので危険ですが、2~3日であれば十分内臓を休めることも出来るので、体調が良くなるのです。

リバウンドがしづらくなるという効果もあるプチ断食ダイエットは、痩せるには非常に効果的な方法と言えます。

週に一度の断食日

特にダイエットのためという訳ではないのですが、健康のために1年ほど前から断食を始めました。お酒を飲まない日を作るように、何も食べない日を作って、胃腸を労るというのが目的です。

なので毎週水曜日は断食しています。週末は外食することが多いので、ちょうど週の半ばを断食日に決めました。

断食と言っても、飲み物はOKにしています。初めて断食を行った日は、さすがに夕方頃にお腹が空いたので、お味噌汁を飲んでしまいましたが・・・でもだんだんと慣れてくるもので、飲み物だけでも大丈夫になりました。

1日断食するだけでも、体がリセットされるのがわかります。翌朝はとにかく体が軽いです!
寝付きもいいですし、目覚めも良くなります。
そして今日は(木曜日ですね)自由にご飯食べれる日だ~と思うと、改めて食べ物にも感謝できますよ!

それでもあまりストイックになりすりない程度に断食を行うようにしています。やはりランチのお誘いなどが入れば、断らず臨機応変に対応することで気楽に断食を取り入れています。あとは常に酵素ドリンクを取り入れています。

そうすることで1年間も続けることができたんだなと思っています。

もともとは大食いなので、食べ過ぎで胃が荒れることもありましたが、週に一度の断食で胃腸も元気になってきたように感じるので、これからも続けていきたいと思います。

プチ断食ダイエットに挑戦してみた結果

とりあえず流行りのダイエットは一通り試してみる私。ここのところ注目されているプチ断食ダイエットにも、もちろん挑戦してみました。

前に断食ダイエットをしたときは、あまりの空腹に耐えられなくなり断念した経験があるだけに、今度こそはという思いで臨みました。プチ断食は完全に食事を抜く必要がないので、断食に比べるとかなり良心的に感じましたね。

とりあえず一番楽にプチ断食できそうな朝食を野菜ジュースやヨーグルトで済まし、昼は普通のランチ、夕飯時おなかに余裕があればおかゆ程度で食事終了、という具合にやっていきましたが、これが思いがけず上手くいきました。本当に無理なく続けられるので、測定するまであまり意識していなかったのですが、体重が緩やかに減っていたのです。

それからずっとプチ断食を続けて、今はベスト体重をずっとキープできています。
一つのダイエットにおける最長記録で、自分でも驚いていますよ。

私が思うに長く続ける秘訣は特定のメニューにこだわらず、野菜ジュースだったらそのつど中身を換えたりして、いろいろな栄養素を満遍なく摂っていくことですね。
食べたいときは食べるというのも大切なことだと思います。

プチ断食は、今までいろいろなダイエットに失敗してきた人におすすめできるダイエットでした。

スクワットで下半身ダイエット

脚が太い、お尻の垂れが気になるという方に、ダイエット効果のあるスクワットのお知らせ。

スクワットはボディビルダーなどが下半身を鍛えるためにやっている筋力トレーニングではありますが、ダイエット効果もあるのです。

ただし回数は制限しましょう。
大体10~15で構いません。
それを1日あたり3セット程度で効果はあります。
またセットのあいだには必ず数分の休憩を挟みましょう。

注意点は姿勢です。
背中を曲げずにやることが大切です。難しい人は立っているときの姿勢のまま腰を下ろすイメージでやりましょう。
あと速度も大事ですね。筋力アップが目的ではないので、速くやる必要はありません。
なにより速くやると肉体を痛める恐れがあります。ゆっくりやることで、腰への負担も減ります。

健康とダイエットの為のウォーキング

走ったり、食事制限するのが辛いという人に、ウォーキングなどどうでしょうか。

ウォーキングはカロリー消費目的であったり、健康維持に最適です。なによりしんどくないので継続しやすいという利点があります。

食事量さえ変わらなかったら、ダイエット効果としても効果が高い上、お尻など年齢とともに垂れやすい部位にも効果があります。垂れやすい部位というのは大抵が運動不足が原因ですからね。

また歩き方を変えることで足へ腹筋への負荷を上げることもできます。例えば大股で歩くと、太ももへの負荷が上がったり、股関節の柔軟性が上がったりします。

ウォーキングは継続することが大事なので、さぼりがちになりやすいという人は毎日時間を決めてやるといいでしょう。

ダイエットを宣言

ここ数年かけて体重が10キロ以上増えてしまったのでダイエットをすることを決意しました。
周りにダイエットを宣言しておくことで気持ちが続くのではないかと思いました。

まずは食事を見直すことにしました。
ダイエットの基本は食事でありますので糖質をカットしていこうと思いました。
しかし食べないと動くことができなくなると思ったので食べながら体重が減る努力をしていかなければならないと思いました。

アルコールもビールを避けカロリーのない炭酸水で焼酎を飲むなど糖質カットにこだわりました。
糖質の部分だけで考えると非常に簡単にダイエットが成功できると思いました。

徐々に体重が減っていきまして目標まであと少しです。これからもゆるぎない気持ちで続けていこうと思います。

縄跳びダイエット

楽してやせる事は出来ないと誰もに言われ、また食べずにやせる方法は体に悪いと言われた僕は、体を動かしてやせる事にしました。

そこでからだを動かすスポーツや運動で何が一番やせるのかを主にネットで調べたところ、水泳と縄跳びが一番効率的だと知り、水泳はプールに行かなければ出来ずお金が掛かってしまうので縄跳びダイエットを試す事にしました。

期間は一ヶ月で毎日10分ほど自宅の裏庭で行ったのですが、その時にボクサーが着るようなサウナスーツを着用しました。

縄跳びの飛び方もボクサーの練習の様に素早く小さい動作で飛びました。

結果は一ヶ月で2キロほど落ちました。1日十分で出来てなおかつ効果が絶大なの
でおすすめなダイエットですが、お腹が空いてしまうのと、割と早くスランプの時期が来るので辛抱強くないと続かないかと。